So-net無料ブログ作成
検索選択

『 余命なお移り気は性春の雨 』余命をあそぶ交心qy2006 [俳句]

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 余命をあそぶ交心qy20 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★
yomeiwoasobuqy2006yomeinao1s.jpg

 

★ 余命をあそぶ交心qy2006

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 余命なお移り気は性春の雨

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 これもペン画!?

 ともかく、すごい。

 そして、なぜか、回想・・・

e-penga-qy20z-kaede.jpg


 中学生の頃、従兄弟の真似で、ペン画を描いていた。挿絵画家の伊藤彦造さんのペン画を模写していたのですけれど。熱中しました。

 高校生になって、止めてしまっていましたけれど・・・

 別のものに熱中したのでした。

 余命なお移り気は性春の雨   仁


 進歩も知らず愚のまま遊ぶ

☆☆☆ 楓さんのカバー写真qy20『 池田学展ThePen-凝縮の世界-を観に行ってきました
 』 へどうぞ!!! 
☆☆☆
 

 性故に未練残すな春の雷    仁


 心あそばせ風吹くまゝに

 高校は、これも性で、人に馴染めず、はじめっから落ちこぼれ、図書館を避難所にして、何か熱中できるものを探していると、『悪の華』という文字が、春の雷のように、ぼくに落ちた。
 即熱中。
 ランボー、中也、チャタレー、野枝と落雷は途絶えることもなく続き、あっという間に卒業卒業式も隠りで読み耽っていた。
 入試には『罪と罰』を抱えて臨み、不合格。人生捨てて、ソーニャに恋をしてしまったのでした。繰り返し、『罪と罰』を抱えて受験
 学生になっても熱中を繰り返したけれど、記憶力も想像力も欠如していることに気づき、断念、次の熱中に鞍替えしていく・・・
 そう長くない命と思っていたのに、まだ、生き残って、今さらながら、未練を貪り直しはじめているような気もしているのですけれど・・・。

 春時雨未練貪り戯れん   仁


 空っぽの身は歓喜のまゝに

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

 


タグ:俳句 春雨 余命
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。