So-net無料ブログ作成
検索選択

『 友といて独りあそびぞ朱夏の夢 』青のくさみ交心rs1701 [青のくさみ]


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青のくさみ交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

★ 青のくさみ交心rs1701

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 友といて独りあそびぞ朱夏の夢

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 清呼さん、交心ありがとうございました。

 家族葬のいとなみの中に、とくべつのお心配りで、ぼくらまで参加させてもらって、ほんとうに感謝しています。
 友はさいごのさいごまで、ぼくらにもこころを尽くしてくれました。その心の大きさと熱さをもらって、はじめて、友に、何ひとつありがとうの心を伝えていなかったし、またなにひとつその感謝にお返しもすませていないことに気づかされ、後悔しました。
 今さらながら、ありがとうとすみませんを、つぶやくばかりです。


 みんなで思い出話を語らせてもらって、ほんとうに色々のことが想い出されました。50年もの間、青臭会の夏の旅、冬の旅を欠かさずつづけてこれたのも彼の愛の深さと利他の心の大きさによるものでした。

 その深い愛と大きな利他の心は、ぼくらにまで及ぶほどでしたから、もっと日常的に身近にいらっしゃる人たちへは、もっと強く、もっと熱く尽くされていたでしょうし、一期一会の巡り会いの人々にも、同じように大きく、深く、そして身を惜しまず、利他の心を分かち、尽くしてくれていたことを想い起こしていました。


 彼は、仏文学の最先端で研鑽を極め、素晴らしい業績を残しながら、為して誇らず、いつも身を低くして、人を敬い、人を立て、お世話の限りを尽くしてくれた人でした。
 フランス語はもちろん、英語も話せない青年がぼくに、フランス料理勉強がしたい、どうしたらできるか相談に来たとき、ぼくは咄嗟に彼を想い、青年を彼に紹介しました。友は親身になって青年の相談に乗り、彼は、短日のうちに、フランス留学をして、立派なシェフになって帰国しました。
 見ず知らずの青年にも利他の心を注いで、希望と勇気を与えることができた彼に、ぼくは驚嘆するばかりでした。


 そんなことも想い、また、山奥の住まいに移ってからの彼の変わりようについて念い、彼の中に、最も日本的な心が、自然の中で、急速に大きくなっていくのを感じ、期待もしていましたので、そのことを彼と語り合いたいと念ってもいました。

 最後に、常不軽菩薩と、フランスの友だちが彼を表していった「彼はサムライでした」という評価を、やはり彼の利他の心と身を惜しまぬ潔さの心として、ぼくもやはり「友はサムライでした」という話をしたかったのですけれど、ゼミの学生さんの語りかけを待たせることになるので、語らず仕舞で終わりました。相方さんからも「短く、短く」と釘を刺されてもいたのです。

 友と、語り合いたい大切なことがいっぱいいっぱい残されてしまいましたので、その口惜しさと愚痴も込めて、そんなことを呟かせてもらっています。
 つい、あなたにも、とりとめもなく、呟かさせてもらいました。ご寛容ください。


 友の死とともに、ぼくの「昭和」は終わった、と強く感じました。
 ぼくは、残る余生、友と語り合いたかった「日本の心」あるいは「常不軽菩薩」、「サムライ」、あるいは「恋弥勒」について、言葉あそびで、友と語りつづけることにしたいと念っています。

 友といて独りあそびぞ朱夏の夢   仁


 呼べばいつでも現れ語る

★★★ 『 蝉の声吾もいっしょに鳴き明かす 』青のくさみ交心rs1304 への交心です。 ★★★
 

 最近、山あそびをすると、よく、友が降りてきて、鳥や小さな毛ものたちとも戯れているのを見かけるようになりました。ときには仙女風の女人とも逍遙しています。
 友が望んでいた暮らしをはじめているのでしょうか・・・
 そのうちぼくも仲間に入れてもらおうと念っています。

 せせらぎにふたりがあそぶ涼新た   仁


 山の神とも友となりしか

 きみ翔べばわれも飛びたり薄紅葉   仁


 こころの彩も四囲に映えけり

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


タグ:俳句 余命
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『 はぎしりし老も呟く昼の虫 』筑紫風交心rq1403 [筑紫風交心]


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 筑紫風交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★



 



★ 筑紫風交心rq1403

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 はぎしりし老も呟く昼の虫

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――





 筑人さん、
 交心ありがとうございます。

 小池さん、孤軍奮闘していますね。
 けれど、政治の世界では、孤軍では勝ち目ないですから、私心の戦略潜ませているのでしょう。戦略は最大の我心ですから、真実に拠らず、常に妥協の産物に失墜するようです。

 真実一路、本当に日本の未来の平和と安全を見据えた政治家の出現が待たれます。
 一パーセントの富裕層と少数の既得権保有者のための政治は、国民の覚醒がない限り、ファッショ体制に地滑りしていくのでしょう・・・

 東京都議会だけでなく、地方議会も、利権に群がる集り集団に堕落してしまっているようです。公金を私欲のために乱用することがあたりまえの世情になっています。
 交付金欲しさにオスプレイ配備に賛成する市議会も、本気で、市民の安寧を守る至誠の心はないのでしょう。


 余命を平穏に全うしたいと念じていますけれど、人心の乱れが気になって、つい歯ぎしりしてしまいます。
 沈黙は金ではなくなりました。



 はぎしりし老も呟く昼の虫   仁


 現場に立てば風語らんか



 つい、筑人さんのご寛容に甘えて、愚痴をこぼしてしまいました。
 笑って、通り過ぎてください。
 いつもお心配りありがとうございます。







以上、

★ 『 新涼や私心なければ見える嘘 』平和の砦575交心rq1101 への交心です。 ★★★


 





 いわし雲まずは疑え吾に問え   仁


 沈黙は罪心は開け







 > 常にあなたを何か別のものに変えようとする世界の中で自分自身でいることで、あなたは最も素晴らしいことを達成しているのだ。   。。。ラルフ・ワルド・エマーソン





 恋しきは面目坊よ曼珠沙華   仁




 笑みて動ぜぬその立ち姿







★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★




★★★ 青のくさみ交心rs1201『 緑陰や友逝き吾の昭和尽 』 へどうぞ!!! ★★★



★★★ 余命の言葉あそび575rq0301『 遊び果て幻聴夜のつくつくし 』
へどうぞ!!!
 





★ 。・。・゜♪゜・。・。★ そのまんま575で交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


『 老なれど感動新た秋の虹 』余命の言葉あそび575rq0302 [言葉あそび575]


★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 余命の言葉あそび交心 ★ 。・。・゜♪゜・。・。★

★ 余命の言葉あそび575rq0302

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 老なれど感動新た秋の虹

――♪♪♪―――――――――――――♪♪♪――

 こんにちは、ようこそ、泉呼さん。
 交心ありがとうございます。
 


 > 肩に降る雨 凍えるうなじ 差しておくれな 蛇の目傘   泉呼


 凍えるうなじ吐息をかけて 揉んで解して桜色   仁


 差しておくれな濡れたこの身を 熱いその身で温めてよ   仁


 肩に降る雨二人で濡れて 情緒に浸る露天風呂   仁

 交心もらうとうれしさで直ぐ舞い上がってしまいます。
 舞い上がると言葉遊びで無駄口叩いてしまいます。
 鄙隠りの閑仁の色惚けと笑って、ご寛容くださいね。

 遊び果て幻聴夜のつくつくし   仁


 歓喜も悔いも老の追憶

 抱いてまさぐるこころの在処 白百合を待つ心根か   仁

 > 良寛1283 山こそは 常かくあるらし 海こそは ひさにあるらし 高山も 崩ゆれば絶ゆる わたつみも 汲めば乾くを ゆく年の また返るとは いにしへの 書にもいはず 今の世の 語りも聞かず われのみか 人もしかるか かにかくに すべなきものは 老にぞありける
 01 わたつみは汲みつくすともあかねさすまたけふの日にあひあはめやも

 山はいつだって不動だけれど、四季それぞれに装いを変える。海もいつも穏やかだけではない、時化で大荒れすることも多い。高い山も崩れ崩れて低くなり、いつかはなくなるし、海も日照りがつづけば干上がることもあるだろう。自然だって、移り変わって、同じものなんて何ひとつないものだ。生々流転、それでも同じように反復して、再生しているようにも見える・・・
 しかし、過ぎ去った時間は、二度と、戻ってくることはない。そして、すぐそこに、死が待ちかまえている。死なない人間なんてひとりもいないし、死んでまた生き帰ってきたものも一人もいない。昔の書物を見ても、命の復活の話はどこにも書いていないし、わたしが知らないだけではない、こればかりは誰も知らないことなのだ。
 死んだらどこへ行くのだろうか。行った先でどうなるのだろうね・・・
 若い時は、今に夢中にもなり、これから先を目ざして充実することもできた。十分な時間があった。
 けれど、老の今、いつ時間が奪われるのかわからない。もう明日に希望を見つけだすこともできない。何かを投企することも空しい。夢も虚しい。
 死を予測することはできないけれど、終活をして、平常心で死を迎えたとしても、自堕落して楽しんで、死にたくないと叫んでも、死んでしまえば、同じことのようにも思えてくる。
 ともかくも、生きている今を、自分風に楽しみ、味わって生きていくほかないのだろう・・・

 老なれど感動新た秋の虹   仁


 死にゆく心に虹架からんか

 死にゆく身にも面目坊の 友の恋しき夕まぐれ   仁

★ 余命の言葉あそび都々逸擬きrq0304

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

  死にゆく身にも面目坊の 友の恋しき夕まぐれ

――♪♪♪♪―――――――――――――♪♪♪♪――

★ 。・。・゜♪゜・。・。★ 青柳仁リンク ★ 。・。・゜♪゜・。・。★


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。